katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.今日は、マニトバ大学卒業生のメーディア研究第一人者で、旧態メデイアだけでなく、電子メディア全般(インターネット、Facebook ライン、twitter mixi、spark.instergram ブログ等)がないの時代に電子メディア全般本質にまで至った優れた学者ハーバート・マーシャル・マクルーハンの生誕106年周年記念日だが、マクルーハンの利点欠点限界盲点とは? 2.皆さんにとって、 ハーバート・マーシャル・マクルーハン (Herbert Marshall McLuhan, )とは? 3.メデ

f:id:katosvanidze18851907:20170721040452p:plain

f:id:katosvanidze18851907:20170721040604p:plainf:id:katosvanidze18851907:20170721040618p:plain



1.今日は、マニトバ大学卒業生のメーディア研究第一人者で、旧態メデイアだけでなく、電子メディア全般(インターネット、Facebook ライン、twitter mixi、spark.instergram ブログ等)がないの時代に電子メディア全般本質にまで至った優れた学者ハーバート・マーシャルマクルーハンの生誕106年周年記念日だが、マクルーハンの利点欠点限界盲点とは? 


2.皆さんにとって、

ハーバート・マーシャルマクルーハン

(Herbert Marshall McLuhan, )とは?


3.メデイアとは、

人間のテクノレジーが拡張された

あらゆるテクノレジー(人間の運動、感覚器官の外在化)の総称?

そもそもメデイアとは、いったい何なのだろうか?


4.テクノレジーが進化すれば、我々は再び部族的になり

他者に対して不寛容的になって行く、、、

この解決法はあるのだろうか?


5.2020.2050.2056.2100.3000年のメデイアとは?


ニュースカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マーシャル・マクルーハン

ハーバート・マーシャルマクルーハン(Herbert Marshall McLuhan, 1911年7月21日 - 1980年12月31日)はカナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論で知られる。


もともと英文学教授であったが、メディアに関する理論の方が彼を著名にした。現在、メディア研究と呼ばれる分野において重要位置を占める存在のうちの一人とされる。


https://en.wikipedia.org/wiki/Marshall_McLuhan

Herbert Marshall McLuhan, CC (July 21, 1911 – December 31, 1980) was a Canadian professor, philosopher, and public intellectual. His work is viewed as one of the cornerstones of the study of media theory, as well as having practical applications in the advertising and television industries.[1][2] He was educated at the University of Manitoba and the University of Cambridge; he began his teaching career as a Professor of English at several universities in the U.S. and Canada before moving to the University of Toronto, where he remained for the rest of his life.

McLuhan is known for coining the expression "the medium is the message" and the term global village, and for predicting the World Wide Web almost thirty years before it was invented.[3] He was a fixture in media discourse in the late 1960s, though his influence began to wane in the early 1970s.[4] In the years after his death, he continued to be a controversial figure in academic circles.[5] With the arrival of the internet, however, interest has renewed in his work and perspective.[6][7][8]



https://www.amazon.co.jp/本-マーシャル-マクルーハン/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3Aマーシャル%20マクルーハン


https://www.google.co.jp/amp/s/kaztaira.wordpress.com/2014/04/17/マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代/amp/

マクルーハンと「メディア論」をソーシャル時代に改めて考えてみる


http://esdiscovery.jp/knowledge/basic/social01/socio011.html



メディア・ベンチャーズ

「メディアはメッセージ」 マクルーハンが予言した未来


https://www.projectdesign.jp/201411/mediaventures/001696.php


2064年のメディアを予測する
‐マーシャル・マクルーハンと『メディア論』‐

http://www.d-laboweb.jp/event/report/140424.html


グーテンベルクの銀河系

http://1000ya.isis.ne.jp/0070.html


http://overkast.jp/2011/08/100年目のマーシャル・マクルーハン-1/


マーシャル・マクルーハンの道

http://media-journalism.org/blog/field-review/362-2017-07-10-16-25-42


メディア業界のポーター、マクルーハンから学ぶ! 「今こそ読みたいマクルーハン


マーシャル・マクルーハン「メディアはメッセージである」に見る、媒体選定の重要性

http://liberoinc.jp/マーシャル・マクルーハン「メディアはメッセー/

マーシャル・マクルーハン 名言




http://ci.nii.ac.jp/search?q=マクルーハン+&range=2&count=20&sortorder=1&type=0