katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.異性、パートナーの膝の上に意図的に座る、 もしくは、 異性、パートナーに膝を枕として提供する女性、男性 2.異性、パートナーの膝の上に座るよう強要される もしくは、 異性、パートナーに膝を枕として提供する様に強要される男性、女性 それぞれの心理状態、哲学とは? (利点欠点限界盲点とは?) 3.皆さんにとって、 意図的、強要されて。 異性、パートナーの膝の上に座る、 異性、パートナーの膝を枕にすることとは? 利点欠点限界盲点とは? 3.異性、パートナーの膝とは、 いったい何なのだろうか? 4.上

1.異性、パートナーの膝の上に意図的に座る、

もしくは、

異性、パートナーに膝を枕として提供する女性、男性


2.異性、パートナーの膝の上に座るよう強要される

もしくは、

異性、パートナーに膝を枕として提供する様に強要される男性、女性

それぞれの心理状態、哲学とは?

(利点欠点限界盲点とは?)


3.皆さんにとって、

意図的、強要されて。

異性、パートナーの膝の上に座る、

異性、パートナーの膝を枕にすることとは?

利点欠点限界盲点とは?


3.異性、パートナーの膝とは、

いったい何なのだろうか?


4.上司の膝の上に無理矢理座らされ記念撮影をして

PTSDを発症事件の様なパワハラを無くす為には?


5.LGBT.女性,ダブル(混血、ハーフ)、在留外国人や

その他マイノリティが軽く見られる社会は未成熟なのか?


6.パワハラで自分が在籍していた会社を訴えた場合、

その行為は、会社の名前を汚す売名行為なのか?


7.精神障害の診断と統計マニュアル(せいしんしょうがいのしんだんととうけいマニュアル、英語Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, DSM)はフロイトユング心理学の様に、科学ではなく、オカルトなのでなないか? DSM精神障害者を食い物にしようとした守銭奴達が、創り上げたものではないのだろうか?

(バーナム効果で必ずどれかには当てはまるかの様に誘導している感じを覚えたが、

(DSMを支えているワラントは脆い様に感じたので、)

DSM著作権による定期収入は利権なのでは?

この利権を生む為に創り上げたのでは?



恋愛、法律カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


無理矢理上司の膝に座らされ、記念撮影→休職後に退職勧奨…驚くべきセクハラの実態

 

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/west/amp/160404/wst1604040103-a.html


上司の膝の上に無理やり座らされ記念撮影→PTSDで休職→復職相談したら退職勧奨…女性社員が大勢の同僚の前で受けた屈辱 - ローカルnews

2017/01/12 16:40

http://roadsmart.blog.jp/archives/15943817.html


http://itest.2ch.net/potato/test/read.cgi/femnewsplus/1459823394/


DSM-5の診断基準の特徴とDSM-Ⅳとの違い

http://esdiscovery.jp/griffin/psycho01/dsm5_01.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/精神障害の診断と統計マニュアル

精神障害の診断と統計マニュアル(せいしんしょうがいのしんだんととうけいマニュアル、英語Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, DSM)は、精神障害の分類英語版のための共通言語と標準的な基準を提示するものであり、アメリカ精神医学会によって出版された書籍である。

DSMは当初、統計調査のために作成された。DSMの第3版より、明確な診断基準を設けることで、精神科医間で精神障害の診断が異なるという診断の信頼性の問題に対応した[1][2]

DSMは、世界保健機関による疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)とともに、国際的に広く用いられている[3]。いずれも記述精神医学であり[4]、「特定の状態が特定の期間に存在する」という具体的な診断基準を設けた操作的診断基準に属する。疾病の解明に加え、各々の医師等の間における結果の比較を可能とし、また、疫学的調査に有用である。「したがって、極言すれば、診断基準は元々、個々の患者での診断を正確に行うために作られたものではない」と言うことも出来る[2]

明示的な診断基準がないため、以前の診断基準では、アメリカと欧州、また日本での東西によって診断の不一致が見られた[1][2]。このような診断の信頼性の問題により、明示的な診断基準を含む操作的診断基準が1980年のDSM-IIIから採用され、操作主義の精神医学への導入であり画期的ではあった。一方で、恣意的に適用されてはならないといった弱点はいまだ存在する[1]。依然として、どの基準が最も妥当性があるかという問題の解決法を持たず、他の診断基準体系との間で診断の不一致が存在するため、原理的に信頼性の問題から逃れられないという指摘が存在する[1]

DSMは、その日本語訳書において「精神障害/疾患の診断・統計マニュアル」と訳されている。「精神障害/疾患の分類と診断の手引」の訳は、DSMの早見表のものである。最新のDSMは第5版で、2013年5月18日に出版された。日本語訳は2014年6月30日に「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」は同10月23日に出版された。

DSMは精神医学上の診断カテゴリーと基準の標準化に貢献したとして称賛されてきたが、一方で論争と批判も生み出した。批判者には、アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)も含まれ、DSM非科学的で主観的なシステムを叙述するものだと主張している[5]。診断カテゴリの妥当性英語版信頼性英語版、外面的な症状に依存すること、カテゴリー間および正常とのあいだの人為的な境界線の使用、文化的バイアスの可能性、人としての苦悩を医療の対象としてしまうこと--これらに関する諸問題が、現在も存在しつづけている[6][7][8][9][10][11]

DSMの出版には厳格な著作権管理が行われ、アメリカ精神医学会は年間500万ドル以上、通算1億ドル以上をもたらしている[12]


https://en.wikipedia.org/wiki/Diagnostic_and_Statistical_Manual_of_Mental_Disorders

The Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (DSM) is published by the American Psychiatric Association (APA) and offers a common language and standard criteria for the classification of mental disorders. It is used, or relied upon, by clinicians, researchers, psychiatric drug regulation agencies, health insurance companies, pharmaceutical companies, the legal system, and policy makers together with alternatives such as the ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders, produced by the WHO.[1]

The DSM is now in its fifth edition, DSM-5, published on May 18, 2013. The DSM evolved from systems for collecting census and psychiatric hospital statistics, and from a United States Army manual. Revisions since its first publication in 1952 have incrementally added to the total number of mental disorders, although also removing those no longer considered to be mental disorders.

The International Classification of Diseases (ICD) is the other commonly used manual for mental disorders and actually the official system for the US. It is distinguished from the DSM in that it covers health as a whole. While the DSM is the most popular diagnostic system for mental disorders in the US, the ICD is used more widely in Europe and other parts of the world. The DSM-IV-TR (4th. ed.) contains specific codes that allows for comparisons between the DSM and the ICD manuals, which may not systematically match because revisions are not simultaneously coordinated.[2]

While the DSM has been praised for standardizing psychiatric diagnostic categories and criteria, it has also generated controversy and criticism. Critics, including the National Institute of Mental Health, argue that the DSM represents an unscientific and subjective system.[3] There are ongoing issues concerning the validity and reliability of the diagnostic categories; the reliance on superficial symptoms; the use of artificial dividing lines between categories and from "normality"; possible cultural bias; and medicalization of human distress.[4][5][6][7][8] The publication of the DSM, with tightly guarded copyrights, now makes APA over $5 million a year, historically totaling over $100 million.[9]


■2015/10/29 心の病気の診断基準であるDSM-5はかなりアバウトなもの

http://www.therapeia.jp/article/sp/detail.php/996/237634


精神科疾患の診断基準は着眼点がズレている。

http://lite.blogos.com/article/40680/


千葉の事務機器メーカーと言えば、


https://ja.wikipedia.org/wiki/内田洋行

株式会社内田洋行(うちだようこう、Uchida Yoko Co., Ltd.)は、情報システム、教育システム、オフィス構築を手がける専門商社。特に情報分野は基盤事業であり、「ICT」「デザイン」「コンテンツ」を融合した独自のユビキタス関連事業を進める。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キングジム

株式会社キングジムKing Jim Co., Ltd.)は、主にオフィス家庭用の文具を製造、販売する日本会社。本社は東京都千代田区


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ライオン事務器

株式会社 ライオン事務器LION OFFICE PRODUCTS CORP.)は、東京都中野区東中野に本社を置く事務用品ならびに文房具等及びオフィス家具の製造販売をおこなう企業である。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ぺんてる

ぺんてる株式会社は、東京都中央区日本橋小網町に本社を置く、大手文具メーカー。創立は1946年。旧称は大日本文具株式会社。現社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)で、1971年に社名変更。しかし、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標であった。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/パイロットコーポレーション

株式会社パイロットコーポレーション (PILOT CORPORATION) は、筆記具手帳などのステーショナリー事業を主軸に、「メルちゃん」シリーズで知られる幼児玩具を製造・販売を行っている企業である。本社は東京都中央区京橋二丁目(東京メトロ銀座線京橋駅6番出口前)。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大塚商会

株式会社大塚商会(おおつかしょうかい、Otsuka Corporation)は、日本ソリューションプロバイダー。 コンピュータ・複合機通信機器を主に取り扱う商社である。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンマーケティングジャパン株式会社Canon Marketing Japan Inc.)は、日本市場におけるキヤノンブランド製品の直販、卸売や修理などのサポートなどを行う企業である。東証一部上場。本社は品川グランドコモンズ地区に位置する、キヤノンSタワーである。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/コクヨ

コクヨ株式会社は、文房具やオフィス家具事務機器を製造・販売する会社。



千葉測器

http://www.chibasokki.co.jp/


リコージャンパン

https://www.ricoh.co.jp/sales/about/