katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ようこそ至上主義の世界へようこそ3話の感想 。綾小路 清隆 (あやのこうじ きよたか)はエフカシィー(自己肯定力)が高い人間なのでは?

f:id:katosvanidze18851907:20170727145407p:plainf:id:katosvanidze18851907:20170727145134p:plainf:id:katosvanidze18851907:20170727145233p:plainf:id:katosvanidze18851907:20170727145307p:plainf:id:katosvanidze18851907:20170727145337p:plain

1.自分に対して「自分なんか」「私なんか」と言う人間は、エフカシィー(自己肯定力)が低いのか?

2.「自分なんか」「私なんか」はもしかして

自己卑下の言葉なのでは?


3.自己卑下、謙虚と同じで、

エフカシィーを下げるのではないか?


4.エフカシィー、抽象度が高い人間は、

不良品を少しの変化で良品に変えられると思うが、

エフカシィー、抽象度が低い人間さ、

不良品を良品に変える事は出来ず、

不良品を処分、廃棄することを考えるのではないか?

(アニメ。ようこそ実力主義の世界へ3話より)


5.褒められたくない人間、

率直に褒めることを嫌う人間、

裏表がなく素敵な人間、

全ては毒親のお陰?

それともそれがコンフォートゾーンに成っていて、

褒められる、賞賛されると、

コンフォートゾーンが移行してしまうので、

それを阻止するために現状に留まるのでは?


6.普通は美しい子、可愛い子、かっこいい子が、

やさぐれたらば、非常にゾック来るのは、

やっぱり我々にはツンデレに惹かれる本能があるからでは?


7.コーチは自分の属するグループに対して、

高いゴール(DクラスからAクラスに昇進)を掲げ

(チームの構成要因のゴールが別々でも

高いゴールを掲げれば、全員を包括出来る)

それに対して確実に未来では実現すると確信し

たとえ、今までにだれもAクラスに昇進したことが

ない事実を知っていても、

先生から無理だと、無謀だと止められても、

同級生からアホかと貶されたても、

その様なドリームキラーの発言に対しては

気にもしないで、耳を傾けないで、

Aクラスに昇進するための方法を考えに考えぬく人間を指すのではないか?

(ようこそ至上主義の世界のようこその主人公の

(綾小路 清隆 (あやのこうじ きよたか)の様に)


8.ようこそ至上主義の世界の櫛田 桔梗と、

アマガミ絢辻詞(あやつじつかさ)、

皆さんは「どちらの裏表のない素敵な人」(ツンデレ)が好き、好みですか?私は断然、櫛田のやさぐれた顔にキュート来ました、もちろん絢辻も最高だが!

(やさぐれている櫛田さん、絢辻さんは、素晴らしい、流石だ!最高だ!)


9.櫛田桔梗の嫉妬深さは動物として仕方がないが、最低はアンガーマネジメト、ルータイス苫米地式コーチングぐらいは習得してほしい、


10.嫉妬が起きた場合は、

櫛田桔梗の様にムッシャムッシャした感情を

発散させるなどして、

(外に出れない場合は、自宅の壁を強化壁に変えるなどするのもまた、)

少し冷静に成ってから、

気に成る異性に思いの丈をぶっつけるか、

「あなたは気に成る」と少し遠回しに告白するべきなのではないか?


11.嫉妬は卑しい感情ではなく、我々人間にとして、当然の感情、その感情を持つ自分に対して自己卑下するのではなく、どうせならばその感情を楽しむべきでは?

もしくは、その嫉妬の感情を抑圧せずに何らかのゴールを達成する原動力として使うべきなのでは?



アニメ、心理カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ようこそ実力至上主義の教室へ

ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧による日本のライトノベル。イラストはトモセシュンサクMF文庫JKADOKAWA)より2015年5月から刊行されている。略称はよう実。


https://en.wikipedia.org/wiki/Classroom_of_the_Elite

Classroom of the Elite (ようこそ実力至上主義の教室へ Yōkoso Jitsuryoku Shijō Shugi no Kyōshitsu e, lit. "Welcome to the Classroom of the Supreme Ability Doctrine") is a Japanese light novel series written by Syohgo Kinugasa and illustrated by Shunsaku Tomose.


http://anihatsu.com/archives/71938348.html

ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)】3話感想



http://aaieba.livedoor.biz/archives/51768213.html

ようこそ実力至上主義の教室へ』3話感想 櫛田さんは裏表のない素敵な人です!

2017/07/27 01:44 コメント34


http://dic.nicovideo.jp/t/a/絢辻さんは裏表のない素敵な人です

絢辻さんは裏表のない素敵な人です とは、言葉の通り、絢辻詞は裏表のない素敵な人物という意味である。



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/毒親(どくおや、英:toxic parents)とは、過干渉やネグレクトなどによる児童虐待によって、一種の毒のような影響を子供に与える親のこと。母の場合は毒母(どくはは、どくぼ)、毒ママ(どくママ)[1]と称される。また、父の場合は毒父(どくちち、どくふ)[2]、毒パパ(どくパパ)と称される。毒母の別名として、モラ母(モラはは)[3]と称されることもある。