katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ベルを何回も鳴らすのは行為は、 障害者の押し売り、飛び込み営業を連想させるのは 本当なのだろうか?

ベルを何回も鳴らすのは行為は、

障害者の押し売り、飛び込み営業を連想させるのは

本当なのだろうか?


21世紀の時代に押し売りなんかあるのか??


障害者の押し売りと言えば、

感動ポルノしか思い出せないが、

障害者が押し売り、飛び込み営業やることは

あるのだろうか?


https://matome.naver.jp/m/odai/2147247426799086301

感動の押し売り?感動では障害者を救えない感動ポルノ


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/強要罪

強要罪(きょうようざい)とは、刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立する。保護法益は、意思の自由。「刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪」に、脅迫罪とともに規定されている。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、昭和51年6月4日法律第57号)は、訪問販売等、業者と消費者の間における紛争が生じやすい取引について、勧誘行為の規制等、紛争を回避するための規制及びクーリング・オフ制度等の紛争解決手続を設けることによって、取引の公正性と消費者被害の防止を図る、日本の法律である[1]。略称は「特定商取引法」「特商法」。