katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

スルメイカはなぜ減ったのか?減ることの利点欠点限界盲点とは? 孵化に適した冬場の18度から23度の温度(コンフォートゾーン)が温暖化で保って無くなった為なのか?

スルメイカはなぜ減ったのか?減ることの利点欠点限界盲点とは?

孵化に適した冬場の18度から23度の温度(コンフォートゾーン)が温暖化で保って無くなった為なのか?



http://www.sankei.com/smp/premium/news/170730/prm1707300009-s1.html

スルメイカはなぜ減ったのか 東シナ海の低温化が産卵に打撃


 漁況予報は、水産庁の「我が国周辺水産資源調査・評価等推進委託事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。
 太平洋スルメイカ長期漁況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 北海道区水産研究所が取りまとめたものです。
 今回の予報は、平成29年8月から9月までの太平洋におけるスルメイカの漁況について見通しを示すものです。


平成29年度第1回日本海スルメイカ長期漁況予報

 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水産資源調査・評価等推進委託事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。
 日本海スルメイカ長期漁況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 日本海区水産研究所が取りまとめたものです。
 今回の予報は、平成29年5月から7月までの日本海におけるスルメイカの漁況について見通しを示すものです。


スルメイカが異常高騰、3倍も 「食卓から消える」!? 粉もんもピンチ、海水温変化で続く不漁

2017.2.6 11:30

http://nrifs.fra.affrc.go.jp/ugoki/pdf/ugoki_012_007.pdf 早く大きくなるとたくさん生き残る? -マサバ仔稚魚の成長と加入の関係 - 中央水産研究所

函館頭足類科学研究所にイカ研究の桜井さん

update 2016/4/6 10:19


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50099?page=3

スルメイカが歴史的不漁、海に何が起きているのか?「異変」のイカ、過去と未来を見る(後篇)

2017.05.26(金) 漆原 次郎