katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.心証評価という日本語を 「ようこそ実力至上主義の教室」の キャラクター櫛田桔梗の解説ページで はじめてみたが、 これは自己肯定力(エフカシィー) 自尊心(セルフエスティーム)なのだろうか?2.条件付きの愛しか貰っていないと「ようこそ実力至上主義の教室へ」の櫛田桔梗の様に、自分を認めない人間をどんな手段を使っても排除する人間(性格)になるのだろうか?

「怒らない」選択法、「怒る」技術

「怒らない」選択法、「怒る」技術

怒りについて 他二篇 (岩波文庫)

怒りについて 他二篇 (岩波文庫)

心証評価という日本語を

「ようこそ実力至上主義の教室」の

キャラクター櫛田桔梗の解説ページで

はじめてみたが、

これは自己肯定力(エフカシィー)

自尊心(セルフエスティーム)なのだろうか?


意識や心の中に浮かんだ風景、

(心証とは自己イメージの一般大衆的な

意味合いの言葉なのでは?)


2.櫛田桔梗は怒りを貯めていたが、

セネカ苫米地英人博士がいうように、

怒りは生理現象なので、

貯めずに吐き出すのがよいのではないか?


3.櫛田桔梗の

自分を認めない人間をどんな手段を使っても

排除する性格は、

つまり、「親からの条件付きの愛」の親毒に

育てられたが、

人格形成の中で、

「成功した時には褒めるが、

失敗すると貶す」、

条件付き、報酬的な愛しかもらわなかったから

それが当たり前であると洗脳を受け、

気持ちよいという自己イメージ、や

コンフォートゾーンが出来たのではないだろうか?


櫛田桔梗は、

アガペや慈悲の様な見返りを求めない愛を

他者から貰ったりし、

怒りかたについてきっちんと教わっていれば、

裏の性格は生まれなかったのではないか?

(櫛田桔梗に裏の性格がないと

ストーリー的にはつまらなくなるが)







https://zh.moegirl.org/zh-hant/栉田桔梗


http://3lion-fan.hatenablog.com/entry/櫛田桔梗


https://dic.pixiv.net/a/櫛田桔梗


http://dic.nicovideo.jp/t/a/櫛田桔梗


http://netabare123.xyz/youjitu-kusida-syoutai-netabare


http://cjjc.weblio.jp/content/心象


http://cjjc.weblio.jp/content/心証


https://dictionary.goo.ne.jp/srch/jc/心証/m0u/


https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1157459841