katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

戦争の記憶を次世代に語る事の利点欠点限界盲点とは? 戦争の記憶を語ることに本当に意義など、 あるのだろうか? 戦争の記憶は、全員から、無くした方が よいのではないか?

満蒙開拓団――虚妄の「日満一体」 (岩波現代全書)

満蒙開拓団――虚妄の「日満一体」 (岩波現代全書)

「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)

「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)

挑戦する満洲研究―地域・民族・時間

挑戦する満洲研究―地域・民族・時間

東京満蒙開拓団 (ゆまに学芸選書ULULA5)

東京満蒙開拓団 (ゆまに学芸選書ULULA5)

満鉄経済調査会と南郷龍音―満州国通貨金融政策史料

満鉄経済調査会と南郷龍音―満州国通貨金融政策史料

史料 満鉄と満洲事変――山崎元幹文書 〈上〉満洲事変前史

史料 満鉄と満洲事変――山崎元幹文書 〈上〉満洲事変前史

史料 満鉄と満洲事変――山崎元幹文書 〈下〉満洲事変勃発後

史料 満鉄と満洲事変――山崎元幹文書 〈下〉満洲事変勃発後

植民地帝国人物叢書 47(満洲編 8) 笠木良明遺芳録

植民地帝国人物叢書 47(満洲編 8) 笠木良明遺芳録

旧植民地図書館蔵書目録 第6巻~第10巻 (書誌書目シリーズ)

旧植民地図書館蔵書目録 第6巻~第10巻 (書誌書目シリーズ)

大学入試小論文の秘密練習

大学入試小論文の秘密練習

植民地帝国人物叢書 46(満洲編 7) 在満三十年の思い出

植民地帝国人物叢書 46(満洲編 7) 在満三十年の思い出

対立と共存の歴史認識: 日中関係150年

対立と共存の歴史認識: 日中関係150年

戦争の記憶を次世代に語る事の利点欠点限界盲点とは?


戦争の記憶を語ることに本当に意義など、

あるのだろうか?


戦争の記憶は、全員から、無くした方が

よいのではないか?


https://ja.wikipedia.org/wiki/しょうけい館

しょうけい館(しょうけいかん)は、東京都千代田区にある博物館で、日本の傷痍軍人に関する史料の収集・保存・展示を行っている。館名には「承継」の意味があり、「戦傷病者史料館」の名称を附記する。

戦時中及び戦後の戦傷病に関する体験等を伝える施設で、厚生労働省が設置した国立施設で、厚生労働省所管の財団法人日本傷痍軍人会が運営していた。 日本傷痍軍人会が2013年11月に解散したため、新団体により継続運営されている[1]


http://www.shokeikan.go.jp/pdf/report24_7.pdf



https://ja.wikipedia.org/wiki/昭和館

昭和館(しょうわかん)は、東京都千代田区九段南にある日本の国立博物館厚生労働省社会・援護局所管)である。いわゆる戦中戦後の国民生活を中心とした資料を展示している。1999年平成11年)3月27日開館。

https://en.wikipedia.org/wiki/National_Showa_Memorial_Museum


The National Showa Memorial Museum (昭和館 Shōwakan) is a national museum in Chiyoda, Tokyo, Japan, managed by the Ministry of Health, Labour and Welfare. The museum is commonly referred to as the "Showakan" and primarily displays items illustrating the lifestyles of the Japanese people during and after World War II (the Shōwa period in the Japanese calendar).

Originally to be named The War Victims Peace Commemoration Prayer Hall, the museum opened on 27 March 1999, partly in response to strong lobbying by the Japan War-Bereaved Families Association, whose headquarters are in the adjacent Kudan Hall.[1] The museum building was designed by Japanese architect Kiyonori Kikutake.

The Museum is located next to Kudanshita Station and the northern entrance to Kitanomaru Park.


http://www.sien-center.or.jp/

首都圏中国帰国者支援・交流センター


http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170801/KT170731SJI090015000.php


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000022-jij-soci


http://researchmap.jp/read0085925/



https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_action_common_download&item_id=5123&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=13&block_id=49

[PDF]戦争体験を語り継ぐストーリーの分析


http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/publication/journal/documents/13_p29.pdf

戦争と平和を語り継ぐ -立命館大学国際平和ミュージアムのボランティアガイドの実践を事


https://www.msi.co.jp/tmstudio/stu10contents/stu10_07.pdf

戦争のトラウマ体験がその後の人生に及ぼす影響


戦争の記憶、次代へ=戦後世代「語り部」を育成




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/加藤聖文








 



加藤 聖文(かとう きよふみ、1966年12月18日[1] - )は、日本の歴史学者国文学研究資料館准教授。専門は日本近現代史・東アジア国際関係史・記録資料学(アーカイブズ学)。近年は海外引揚研究を中心に活動している。