katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

人間関係の経験の少なさの 利点欠点限界盲点とは?人間関係の経験少なさは許されざる罪の様な感覚の様に感じたらば、それは絶対に社会的な洗脳であると私は思う。人間関係の少なさの利点に対して説いた方々や文学作品が無い為なのでは?

人間関係の経験の少なさの
利点欠点限界盲点とは?

人間関係の少なさの利点に対して説いた方々や文学作品が無い為なのでは、
社会のヒエラルキーのトップ層が全て
人間関係の経験の多さ重要性を説く為に、、我々はそれに洗脳されたのではないか?

人間関係の経験少ない人間の
自己肯定力(エフェカシィー)
自尊心(セルフエスティーム)を上げるには
我々はどうすれば良いのだろうか?

皆さんにとって、
人間関係の経験の少なさとは?

人間関係の経験の少なさは果たして
許されざる罪や大罪の様なものなのか?

なぜ、人間関係の経験の少なさが、
良くないことの象徴の様に語られるのだろうか?

この意味不明な空気の様に存在する
評価軸は、
いったい誰が作り上げたのだろうか?

人間関係の経験の少なさい人間を蔑視する
見方は、
吃音や、寡黙症、で
上手く会話出来ない方々や
一般的に会話しないと見なされている
パラサイトシグナルや引きこもり、
不登校児、や
口話法、手話や点字、指文字、等では意思表示では意思表示出来るが、、
言語では意思表示が出来ない人間達を
貶す、バカにする、偏見に繋がるのではないか??

普段普通に会話は出来るが、
コミニュケーションや人間関係に対して、
価値や重要性が低い人間からすれば、
人間関係の経験の少なさいと言うのは、
人間関係の経験は多いのが当たり前で、
少ないというのは排斥される、もしくは
あるまじきという感じるのは、

何かしらの社会的な洗脳なのではないか?)