katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

羽田孜が死去したが、彼の政治家としての利点欠点限界盲点影響、業績とは? 皆さんにとって、 羽田孜とは?

羽田孜が死去したが、彼の政治家としての利点欠点限界盲点影響、業績とは?

皆さんにとって、

羽田孜とは?


肩書きが死ぬまでついてくるのは

日本、アジアに特有の現象なのだろうか?


有名人政治家だからと死亡を大きく扱うことは

なんだが違う様な気がしてならないが、

葬式利権が動いているのだろうか?


葬式カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。



https://ja.wikipedia.org/wiki/羽田孜

羽田 孜(はた つとむ、1935年(昭和10年)8月24日 - 2017年(平成29年)8月28日)は、日本の政治家。

衆議院議員(14期)、内閣総理大臣(第80代)、農林水産大臣(第9代、第12代)、大蔵大臣(第88代)、外務大臣(第121代)、新生党党首、太陽党党首、民政党代表、民主党幹事長、同党特別代表、同党最高顧問などを歴任。2012年(平成24年)に政界引退し、晩年は民進党長野県連名誉顧問を務めていた。


http://exile-cancer.com/2017/08/28/羽田孜-現在は死因が脳梗塞が発端だったと思える/


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000055-jij-pol