katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

教諭が児童に顔蹴りで骨折させる事件が発生、教師は教え子指示にどの様な場合でも従い、従わなければ虐待をしても良いとの事実が暴かれたかが、これが立場主義の弊害なのだろうか?


教諭が児童に顔蹴りで骨折させる事件が発生、教師は教え子指示にどの様な場合でも従い、従わなければ虐待をしても良いとの事実が暴かれたかが、これが立場主義の弊害なのだろうか?


厚生労働省の虐待の定義は建て前としては素晴らしいが、現場に浸透していないのは意味がないのではないだろうか?

苫米地英人博士のエーモションコントロール、もしくは別のエーモションコントロールを、教師の教育カリキュラムに導入した方が良いのでは?


http://www.sankei.com/smp/west/news/180126/wst1801260048-s1.html

教諭が小6男児の顔面蹴り骨折させる 指示に従わず「感情的になった」 北九州



児童虐待の定義と現状


苫米地英人のエーモションコントロール

「イヤな気持ち」を消す技術

「イヤな気持ち」を消す技術



が立場主義の弊害なのか?原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―

原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―

ドラッカーと論語

ドラッカーと論語

ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書)

ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書)

幻影からの脱出―原発危機と東大話法を越えて―

幻影からの脱出―原発危機と東大話法を越えて―


子ども虐待対応の手引き -- 平成25年8月厚生労働省の改正通知

子ども虐待対応の手引き -- 平成25年8月厚生労働省の改正通知

子ども虐待対応の手引き―平成21年3月31日厚生労働省の改正通知

子ども虐待対応の手引き―平成21年3月31日厚生労働省の改正通知